活動報告

これまでの「うさぎのわ」の活動をご紹介します。

2019年12月8日(日) 年末チビッコワイワイ会

2019/12/09

line_226936649400948

line_234012513539602

line_234005279564865

line_234000283115596

line_234007843719812

line_234263554120756

line_234205848521924

line_234185232708338

line_226967406539374

12月8日(日)視聴覚福祉センターにて年末チビッコワイワイ会を行い、小学生低学年までの子どもたちが集い、大いに遊んだ1日となりました。途中、スポンジケーキに生クリームやフルーツなど、思い思いのトッピングをし、嬉しそうに食べる姿もありました。また、今日はろう学校の河村先生や少し先行く先輩ママさんも会に参加してくださり、色々な話を聞かせてもらえ有意義な会となりました。最後は子どもたちがパプリカをノリノリで踊り、お開きとなりました。体全身で音楽に身を任せて踊ることを楽しんでいる子どもたちがとても愛くるしく感じました。

2019年12月7日(土) 第3回 愛媛難聴児を共に育む会

2019/12/07

line_185160848205907

line_185166425580853

line_185171581078090

line_185176219717203

line_185178249044181

line_185182452372878

line_185194420346936

line_185196326194956

line_185197797372299

2019年12月7日
西条市東予総合福祉センターにて、第3回「愛媛難聴児を共に育む会」を行いました。

現在、松山聾学校の事務職員をされている中山先生をお招きし、自身の難聴について『私の生い立ちと現在』のテーマの元、保育園、小学校、中学校、高校、大学、その時その時の自身の状況について楽しくユーモアを交えたお話をしてくださいました。

勉強、部活、進路、人間関係と、様々な困難に直面され息詰まった時期の想いも語っていただきました。その度に、今までの環境が恵まれていたのだと再認識し、その時の辛かったおもいを乗り越えたことが精神面での成長に繋がった。と、仰っている姿に感動しました。

また、次世代の子どもたちへ
・わかったふりはしない
・分かるまで何回も聞く
・分からないところは自分で調べる

積極的に自分の障がいについて周囲に知ってもらうことが大切だとおっしゃっていました。障がいの有無に関係なく、お互いに助け合える共生社会を作っていってください。と、熱いメッセージをいただきました。

その後、カフェタイムの休憩を挟み中山先生への質問で英語教育や進路、就職試験での配慮など様々な悩みについてアドバイスして頂き、実りの多い日となりました。これからの子育てにしっかり生かしていきたいです。
貴重な時間をありがとうございました(^^)

2019年11月30日(土) ランチ座談会

2019/12/01

line_1060843545509894

line_1060846085488175

line_1060848735941872

line_1060852514054631

line_1060855247702963

2019年11月30日(土)視聴覚福祉センターにて河村先生とランチ座談会を行いました。
それぞれの子どもや親の抱えている悩み、頑張っていることなどをみんなで共有し一緒に考え、助言をもらいとても充実した有意義な時間を持つことができました。また、子どもが実際に経験して困ったことから、緊急時の対応方法や手話歌の普及など今後の「うさぎのわ」の活動にプラスになる深い話しもできました!

2019年11月23日(土) 視聴覚福祉センター文化祭「ふれあいフェスティバル」

2019/11/23

line_784841502725948

line_784847468612092

line_777849067036273

line_776960660087289

1574513800779

line_777840567925182

line_1574508558786

2019年11月23日(土) 視聴覚福祉センターで行われた「ふれあいフェスティバル」でリトミック、手話歌の発表に参加しました。
未就園児~小学校低学年の子どもたちでリトミックの発表をしました。ブームワッカーを使って「ドレミの歌」の演奏と「こどもがいっぱいわらっている」の歌を歌いました。大勢のお客さんの前で緊張しましたが、みんなのびのび演奏したり歌ったりして、練習以上の成果が出ました。みんなで楽しみ、拍手をたくさんいただき、思い出や自信に繋がる発表になったと思います(^^)
保護者は「にじいろ」の手話歌発表をしました!一緒に手話をしたり、歌を口ずさんでくださるお客さんもいて嬉しかったです。少ない練習時間でしたが、みんなで息を合わせた発表ができました(^^)
発表の後は子どもたちは様々なブースでいろいろな方と触れ合ったり体験したりと文化祭を楽しみました!
一日の最後に子どもと今日の出来事を絵日記で振り返りました。日々の経験の積み重ねを大切にしていきたいです♪

2019年11月18日(月) 手話歌練習

2019/11/23

1574054340664

1574514283893

2019年11月18日(月) 視聴覚福祉センターにて手話歌練習を行いました。
11月23日に開催される視聴覚福祉センター文化祭での発表を目標に綾香の「にじいろ」にのせて手話歌を練習しています。本番を意識して立ち位置や細かい部分の確認をしました。本番ではみんなで楽しみ、息を合わせた発表にしたいです。

2019年11月17日(日) 第9回リトミック教室

2019/11/23

1574513759671

2019年11月17日(日)
視聴覚福祉センターにて、第9回リトミック教室を行いました。
11月23日にある視聴覚福祉センターの文化祭でのステージ発表に向けて、ブームワッカーと歌の練習をしました。自分のパートを決め、並んでやってみると、なんとなくだけど形になってきている子どもたち。たった3回の練習でしたが、なんとかなるものだなぁと感動しました。
その後は松山市総合公園でポカポカ陽気の中、お昼ご飯を食べて、遊びました。

2019年11月10日(日) でんでんむし教室 秋の集い

2019/11/12

1573465698083

1573465682175

1573465688188

2019年11月10日(日)東温市志津川河川敷にて、でんでんむし教室に通う子どもから大人まで様々な家族が集まりました!
子どもたちは集まるとすぐに広々とした河川敷公園で元気よく走りまわっていました!また、愛媛大学医学部STの大六先生がスラックラインを準備して下さり、普段なかなか出来ないスポーツも体験する事が出来ました。
普段話す機会の少ない人工内耳を装用している大人の方とも貴重な交流ができ、人工内耳を着けて感じていることを直接ゆっくり伺える時間を持てました。また、高橋先生が持ってきてくださった熱々の芋炊きを囲み、美味しい芋炊きに体もポカポカ温まり皆さん笑顔が絶えない楽しい時間を過ごすことができました!

2019年10月19日(土) 第8回リトミック教室

2019/10/21

1571607430818

1571607438539

2019年10月19日
視聴覚福祉センターにて、第8回リトミック教室を行いました。
人工内耳装用者にとっての音楽に関する本を和田先生が読んでくださり、キーボードではなく、人工内耳で聞きやすい生のピアノでやりたいとおっしゃってくださり、しっかりと通るピアノの音に合わせて楽しく体をうごかすことができました。
また、ステージに立ち、ブームワッカーを鳴らしている姿が嬉しそうな子どもたちでした。
次回は11月17日(日)11:00〜の予定です。

2019年10月10日(木) 手話歌練習&座談会

2019/10/15

1571090969860

1571090971419

1571090974815

1571090977709

2019年10月10日(木)

西条市橘公民館にて、2回目の手話歌練習&座談会を行いました。

座談会では久しぶりに会えたこともあり、みんな話がつきません(^^)

センター文化祭まで1ヶ月ほどとなりました。
初めての発表にドキドキするメンバーもいますが、とにかく楽しみながら取り組んでいきたいです(^ ^)

2019年10月6日(日) 第14回 人工内耳相談会in松山

2019/10/14

line_122339861124839

line_122351932233377

line_122379339442324

line_122403413659034

2019年10月6日(日)
松山市総合福祉センターにて第14回人工内耳相談会が開催されました。

愛媛大学医学部の寺岡正人先生による「聞こえない方のために ~人工内耳の進歩と将来展望~」と、鷹ノ子病院人工内耳リハビリセンターの高橋信雄先生による「人工内耳のリハビリテーション」の講演がありました。人工内耳手術の現状、リハビリをしていく上で周りの理解やサポートの必要性など詳しく聞くことができ、とても勉強になる講演でした。

人工内耳装用体験発表では、うさぎのわ から装用児3名とお母さん1名が発表をしました。人工内耳を通して経験してきた良かったこと、大変なことなど自らの思いを大勢の人の前で堂々と発表している姿に感動しました。

人工内耳メーカー3社(メドエル社、AB社、コクレア社)からの機器説明があり、これから手術を考えている方も実際に装用している方も皆さん熱心に聞き入っていました。3社のブースでは実際に手に取ったり、直接メーカーの方とお話しできたため自身に合ったメーカー選びができる魅力的な機会になったと感じました。
年代問わず多くの方に参加して頂き、実りの多い相談会となりました。

ページトップへ